審査に通るコツ

総量規制が適用されてより厳格になった審査を通過するには、ある程度の対策が必要です。借り入れ件数が無くてまっさらな人は別として、借り入れ件数が3件を超えてくると、キャッシング会社も慎重になってきます。

特に人間性まで把握出来ないネットキャッシングの申し込みでは、審査は信用情報センターのデータで占められる部分が多く、過去に支払い遅延などの自己歴がある方は、ほぼ100%の確立で審査で却下されてしまいます。

来店不要

また、虚偽の記載をしていてバレたりすると、これも即却下の対象です。勤務先などの嘘の記載は致命的で、勤務歴などの少々の水増しは大丈夫ですが、電話番号や住所は間違いなく記載しましょう。

また、総量規制対象外の方でも審査に落ちる可能性はありますので、審査基準をよく理解した上でお金を借りるようにしましょう。

賃貸か持ち家

住所地が、賃貸か持ち家かも重要な審査の対象となります。もちろん、持ち家のほうが審査に有利ですし、借り入れ限度額でも高めに設定されます。ただ、賃貸に住んでいても長期にわたって同じ場所に居住している場合は、ある程度、評価の対象となります。

毎月、きちんと家賃を納めていると判断されるからです。毎月の収入の大小よりも、こういった毎月キチンとお金を納めている人物のほうが、キャッシング会社にとっては優良客なのです。