ノンバンクとは

消費者金融は、ノンバンクとも呼ばれます。銀行は、お金を預かったり貸したりしますが、消費者金融はお金を貸すだけです。預金はできないがお金を扱う業種ということで、ノンバンクと呼ばれるようになりました。お金を扱うのは本来銀行の仕事であり、消費者金融のイメージが強いキャッシングやカードローンは銀行でも当然扱っています。

それぞれに特徴がありますので、ライフスタイルやシーンに合わせて使い分けると良いでしょう。銀行とノンバンクの大きな違いは、総量規制の対象であるかないかです。総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れができないというルールであり、すべてのノンバンクに適用されています。

ローン

お金を借りられる消費者金融はたくさんありますが、年収300万円の人がAという会社から既に50万円借りていた場合、その人は別の会社から50万円しか借りることができません。すべてのノンバンクからのキャッシング、カードローン合わせて年収の3分の1までとなります。

しかし銀行が扱うキャッシング、カードローンはこの総量規制の対象にはなっていません。既に3分の1以上の借入をしている人であっても、銀行のキャッシングは利用できます。但し総量規制の対象かどうかに関わらず、借入が多い人は審査で断られる可能性が高くなります。

しかし年収自体がとても高い人は別です。年収2100万円の人は、総量規制の対象であれば700万円までとなりますが、それを差し引いても1400万円もの収入があります。銀行で借りられる可能性は高いでしょう。